台湾

台北の朝ごはんの人気店「秦小姐豆漿店」おすすめメニュー紹介

ローカルグルメの魅力がぎゅっと凝縮されているのが、地元ならではの朝ごはんです。

台湾では外食文化が発達しているので、朝ごはんは外食が基本。食欲旺盛な台湾っ子は、朝起きたらすぐに朝食を食べにで出かけるそうです。

そのため朝からバリエーション豊富なメニューが食べられます。

しかも格安で、うまーーーい!

せっかく台湾に来たのだからと日本では朝食は食べない私も、台湾での滞在中は朝から胃袋がフル稼動。

今回は「秦小姐豆漿店」という地元でも人気お店で、絶品の朝食を食べてきました。

台北の地元っ子御用達の朝ごはん「秦小姐豆漿店」

 

台湾式のおいしい朝食が食べられる人気店「秦小姐豆漿店」に着いたのは午前9時過ぎ。

テイクアウトで利用する地元の人が多かったですが、レジの前には絶え間なく行列ができている様子。

店内と歩道にテーブルが所狭しと並べてあって、そこでみんな朝ごはんを食べています。

 

 

日本語が少しだけ話せるおばちゃんがいて、あれこれ親切に注文をサポートしてくれました。

そうしているうちにタイミング良く店内の4人掛けのテーブルが空いたので、すぐに座ることができました。

台湾式朝ごはんの定番「豆漿」

 

まずは看板メニューの「豆漿」(トウジャン)。

いわゆる豆乳ですね。

台湾では伝統的な朝ごはんのひとつです。

こちらのお店では毎日豆からていねいに手作りしているとのこと。

台湾の豆乳は砂糖が入っているものが一般的なので、今回はノンシュガーで温かいものを注文しました。

 

 

お味はパックに入って売られている市販のものとは一味違って、ほんのり甘くてまろやかで、とても飲みやすかったです。

写真は小で20元(約72円)。

イチオシは並んででも食べたい「鹹豆漿」

 

そして、どうしても食べたかった「鹹豆漿」(シェンドウジャン)25元(約90円)。

こちらはお酢や醤油で味付けした豆乳の中に、ネギや干しえび、油條(揚げパン)などが入っていて、お酢の作用でゆるく固まっているので、独特のふわ〜っとした口当たりが特徴。

食べる前は豆乳にお酢、しかも揚げパン入りってどんな味!?と想像もつかなかったのですが、予想していた以上にイケる!!!

表現するのが難しいけど、酸味のあるクリーミーなスープという感じで、見た目以上においしいです。

以前に揚げパンをパンで挟んだ台湾の王道の朝食メニューを食べた時には、油の味しかしない・・・と一口で断念してしまったことがあったのですが、豆乳に浸かっている揚げパンは不思議と歯ごたえが残っていて、具としてはかなりいい仕事をしていました。

いま写真を見てももう一度食べたいなーと思う一品。

「秦小姐豆漿店」へ行ったらぜひお試しを〜!

出会えたらラッキー!秦小姐豆漿店の「幻の豆乳パン」

 

あっという間に売り切れるので朝7〜8時ごろに行かないとゲットできないと噂の豆乳パン「豆漿餅」22元(約80円)。

これを目当てに訪れる人も多いようですね。

日本のテレビ番組でも取り上げられていたので、見たことある方も多いのでは?

私たちが着いたのは朝9時を過ぎていたのでもうないだろうと諦めていたのですが、おばちゃんに聞いたらまだあるよ〜とのこと。

ショーケースを見るとなんとラスト3個!(写真右側)

そのうちの2つを買って帰りました。

長年守ってきた自家製酵母で作ったずっしり重たい生地に、オレンジピールが入った素朴なパン。

家に帰ってからトーストして食べたのですが、かなりハードルを上げていたということを除いても、正直日本で食べるパンの方がおいしいかな・・・。

私的にはリピなしでした!

一緒に買って帰ったネギパン(写真左)の方が好みでしたね。

秦小姐豆漿店でおすすめの朝食メニュー

ラップサンドみたいな「蛋餅」

 

今回はじめて食べた蛋餅(ダンビン)は、卵の上にクレープのような薄皮を載せて、くるくる丸めたもの。

ここにいろんな具をはさんだものが人気で、台湾ではポピュラーな家庭料理だそうです。

 

 

ネギが入ったものとコーンが入ったものの2種類を食べましたが、焼きたての熱々はとてもおいしかったです。

味噌ダレのようなものとの組み合わせは一風変わっていますが、パンほどガッツリ感がなくスナック感覚で軽く食べられて、これはなかなか良いと思います。

蛋餅は35元(約127円)。

香ばしい「焼餅」も美味

 

そしてこちらの写真は、蛋餅と若干ビジュアルが似ていますが、台湾風の焼きパン「焼餅」にネギ入りの卵焼きを挟んだもの。

粉ものばかりでお腹いっぱいになりましたが、カリッと焼きたてのパンはゴマの風味が香ばしくて美味でした。

 

 

他にも小さな肉まんを食べました。

朝から麺を食べている地元の人も多かったですね。

でもわたし的には何と言っても「鹹豆漿」がインパクトがあって想像以上においしかったです。

地元の人に混ざってローカルな雰囲気を味わうのも旅の醍醐味のひとつ。

MRTの駅から徒歩約10分と少し距離がありますが、早起きしてわざわざ価値アリのお店です。

台北でおすすめの朝食店【秦小姐豆漿店】

秦小姐豆漿店

台北市延吉街7號之6
電話:02-2570-5589
営業時間:5:30-17:00(土・日は13:00〜)
※月末の月曜日は休み

 

⬇︎海外でも使えて国内最安値!私も愛用してます⬇︎

Mugen WiFiMugen WiFi公式HPヘ